だいぶ大人のイギリス留学日記

ロンドン郊外で学部生をしています

親しいとは

日本に来週帰省しますが、連絡している人としていない人がいます。

それってもう遡ると留学する、しないの連絡していない人から始まってます。

ほんとに親しい人には留学決まった事は知らせています、けれど、普段こちらが連絡しないと連絡くれない人や長く連絡を取ってない人って別にわたしとの関係を密にしたいという気持ちはない人なんだと判断していて、そういう人と、後留学するって話でやたら根ほり葉ほり余計な事まで聴いてきそうな人には言っていません。

 

今回の帰省も10日くらいであっという間に終わってしまうので、留学をお知らせしている友達にも全て伝えた訳ではありません。

会おう会おうと言われると予定がそれだけで埋まってしまうし、せっかく日本に帰ったらやりたい事(親孝行とか服の整理して船便で送るとか銀行の預金確認からの送金とかカードの手続きとか自分のメンテナンスとか諸々)もあるし、友人と出かけてばかりいたら出費ばかりが嵩んでしまう。

勿論うれしい事ではあるけれど、バイトも始めたばかりだし、節約したいのもこちらの都合だけど、、、

ご理解頂きたい所、、、、。

 

日本の携帯も解約してしまったので、携帯とメルアドだけ知ってる人は今頃ビビッているのか、、、いないのか、、、。

まあ本気出せばどこかかしら連絡は取れるんだから何もないって事はそういう事なんですね。

 

芸能人の方で携帯を買い替えるごとに連絡先も全て消去してしまう、と言う方がいました。

でもそれはなんかそうするのわかるなーと思いました。

連絡の取りたいと思えばどうにかなるものなんじゃないかなーと思う訳で。

留学する前の半年の間に連絡取れてる人にはちゃんと伝えてるしなー。

 

親しいってほんと難しい、何処からが親しくて何処からがただの知り合いなのかと。

こちらが親しいと思っていても向こうはそう思ってなかったり、その逆も然り。

ある程度の心地良い距離感を保ちつつ長く付き合える友達と言うのが親しい友達なのでは、と思っています。

 

気軽にメアドやLINE交換するけど、一度も連絡取り合わない人っていますよね。こちらに来てもそれはそうで、we Chatやwhat's appを交換しても連絡取り合わない人はいます。連絡先コレクターみたいな人いますよね、連絡先が沢山自分の携帯やスマホにあると安心する、自分は友達沢山いる、って思いたい人。

連絡取らない人の連絡先知ってたって役に立たないのにね、、、、寂しがり屋さんはどこの国にもいるって話です。

 

話しが逸れましたが、今回帰省する時に会う友人は主に、留学を支援してくれたり応援してくれたりした人が中心かもしれません。

留学と言うのは時には孤独ですが、日本の友人が支えてくれると言うのを近頃は実感しています。

それをその人たちを一番大切にしたいです。

 

また夏には長く帰るし、その時でも良いかなー、って(まぁ私が勝手なんですけど)

 

後はもちろん、家族!!

帰省まであと一週間、寒さに耐えがんばりますー。(今日はちょっとあったかいけど8℃)