だいぶ大人のイギリス留学日記

ロンドン郊外で学部生をしています

私のコースは微妙なのか?

私の入ったコースは新しいコースで、今年で2年目である。

なので先輩は2年生しかおらず、なんと2年生は6人。

我々9人よりも更に少ない。

週1でコースキャッチアップと言うなんつーか全体ミーティングみたいのがあるので、2年生もそこにやってくるので、あっという間に顔見知りになった。

 

Preで一緒だった友達はファッションやグラフィックデザイン、イラストレーションなどに進んでいる子が多く、多くは毎日授業があり忙しい、忙しいと言っている。

 

が、私のコースである。

基本週3日(!)

水、金はノークラス、自由。

 

他のコースの授業の話を聞いていると『うちのコース大丈夫か?』と思う。

それは他の子も思うようで、授業少な過ぎね?高い授業料払ってんのにこれか?なんか他にねーのかよ?と先生に尋ねたところ、他のコース関連授業出ても良いぜ?みたいな話になった(言わなきゃそれもなかったのかっていう)

 

自主性は大事ですね、、、(ありがとうクリスタル)。

そんな訳で割と実験的なコースのようだし、毎年やること変えてるって先輩たちも言っていたので、先輩の話もそんなに参考にならず、良く分からん不安を抱えたまま日々過ごしている我々である。

 

他のコースのレクチャーを一時的に受けたとしても、どちらにしろメインのクラスは週3、でもまあ私の場合Language scheme等で割と忙しいのでそこまで暇だし他になんかやることねーのかよ?とまではいかない、しかも、授業前に読んでおいて、と言われるアーティクル等を読み授業に備える下準備が割と大変なので、私的にはこの程度で充分だけど、、、他のクラスメイトは不満みたいです(そりゃそうか)

この後控えてるエッセイのこと考えると全く余裕などは私にはないのだが、、、、

英文読むのつらい、、、。

 

因みにMAグラフィックコースの友達は授業が週1しかない。後はすべて作業の日々、作り出す学科と言うのは大変ですねえ、しかし授業週1であの授業料、、、、耐えられん。

 

あとあれだな、BAでよかったかなーと思うのはすべてが初めてのこととしてスタートするので、画材等は大体支給される。先日鉛筆、マーカー、ハサミ、マスキングテープ、カッター、エプロン、ゴーグル(3D作業用)等が配られた。MAの子の話しを聞いていると画材等すべて自腹である。消耗品は無くなったら自分で買わないといけないんだろうけど、初期投資と言う意味では配布されるのは有難いものですね。(授業料に入ってるんだろうけど)まあMAはBA終了生が行く訳だから『あんたら分かってんだよね?』なんだろうね。

 

 

 

私の大体の一週間は下記の通り

--------------------------------------------------------------------------

(月)10:00-12:00 授業 12:00-13:00 ランチ 13:00-16:00 授業

--------------------------------------------------------------------------

(火)10:00-12:00 授業 12:00-13:00 ランチ 13:00-15:00 授業

   16:00-18:00 Language Scheme(German)

--------------------------------------------------------------------------

(水)コース授業無し 16:00-19:00Language Scheme(English)

--------------------------------------------------------------------------

(木)10:00-12:00 授業 12:00-13:00 ランチ 13:00-16:00 授業

   17:00-18:00 ソサエティに参加

--------------------------------------------------------------------------

(金)コース授業無し、ただし各自課外学習しろの時間(美術館訪問等)

--------------------------------------------------------------------------

 

私の中では火曜日がずっと授業なので一番疲れる曜日である。

 

Language Schemeとは:うちの大学は他言語や英語で苦手な部分がある生徒に対し無料で授業を行っており、他言語はドイツ、イタリア、スペイン、フランス、日本、中国、アラビア語などなどの言語から選べる。

英語は主に留学生向けで、英語全般のクラス(私はここを取っている)や、文法、ライティングに特化したクラス、スピーキング、プレゼンに特化したクラスなど、様々なコースがある。

 

同じドイツ語を取ってる子はスペイン語も取っていて、やる気があれば制限はもしやないのかもしれない。なぜかイタリア語、フランス語だけは有料なので注意。

 

私は英語全般とドイツ語を取っている為、割と1週間授業が続いているように思えるが、他の子はそうでもないようです。

因みに、日本語コースは人気があり、うちのクラスの子も取りたかったけど定員オーバーだったと嘆いていた。日本ブームが来ているのだろうか、、、、。

 

Language Schemeもちゃんと試験やエッセイ、プレゼンがある為、あまり適当には出来ないしちゃんとした修了書をもらえれば将来なんか役立つかもしれないのでドイツ語も私は頑張る所存ですが、割と難しくて既にしんでいる。

文法、英語と一緒じゃねーのか、、、それが一番ショックだった。

ヨーロッパは割と似てるのかなーと勝手に勘違いしていたのである、ドイツ語はちょっと面倒くさい文法で、どちらかと言うとフランス語に似てるかもしれない。

発音も難しく、今に素晴らしい発音になるとは思い難い、、、

しかし頑張る。東欧をめぐるにはドイツ語は必要である(めぐるつもりか)

ドイツ語の先生はちょっと癖のある先生で教え方へたなんじゃなかろうか、、と今考えてる所である。基礎の基礎をちゃんと教えてくれないとわからんけどもな、、っていう。

 

英語の授業はPre-sessionalので副担任だったキャリーだったので割とわーい♡って感じであったが、16:00-19:00と割と長丁場なので、生徒も後半相当お疲れ気味、そしてクラスは本来24人いるはずが先週は12人くらいしか来なかった、、、このまままともに来る子はいないのかもしれない、自分の授業が忙しいって言うのもあるだろうけど、通常のコース並にプレゼン準備等をしなくてはいけないので割と大変だなーと最初に聴いて思ったんだけど、もう既にギブの人もいるのかもしれない。

今週はどうなることやらである。

 

私は出来るものはとりあえずやっておこうかなって言う、それこそ高い授業料払ってるんですから恩恵受けれるものはなんでも受けますありがとうございます精神です。

1年目が一番時間にも余裕があるんだろうから、やってみたいことは何でもやってみるつもり。これでバイトも始めたら、、、、1週間あっという間でしょうねえ、、、決まらないけど。

クラスメイトの1人はバイトを決めて先週から働き始めているようです。

やはり、イギリス人だとすぐに決まるんでしょうね、、、良いわね、、、。

凹んでないで私も頑張ってバイト探さなくちゃ。

 

また一週間始まりますが前向きに行きたいと思います。

近頃徐々にではあるけどクラスメイトとも自然に話せるようになって来て、はいるものの、早口になると早々に理解する努力をぷつりと切ってしまう自分をどうにかしたい。

一番話してて楽なのはスパニッシュの子、ボキャブラリーがお互い少ないながら分かり合えるのはPreの時と同じような感覚だなーと思う。

イギリス人のジョークは何が面白いのかさっぱりわからんのだが今にわかるようになるんだろうか(たいてい真顔で聴いている)

言語とは奥深いものですね、、、、、本当の意味での理解は遠い先な気がする。

 

ソサエティーは日本でいうところのサークル活動みたいなもんである、色んなものがあるので興味がある人は参加すると友達も出来たりして楽しいかもしれない。

私ほんとは乗馬とかやりたかったけどお金かかると聴いて断念したんですわ。

世の中お金がものを言いますのね、、、ふふ。

我が校は残念ながらジャパンソサエティーがないので参加できなかったけど、周りが作れば良いじゃんよ、7人からなら名前貸すぜ!!と言われたけど作ってどうしろと、、、大好きなアニメとかのDVD延々流しておけばいいでしょうか(やめろ)